ファスティング前後の食事に注意

正しくファスティングをするには、
断食前に「予備食」の期間が必要です。

そして、断食後に「復食」の期間が必要になります。

これを省いてしまうと、断食の意味がなくなってしまいます。

例えば48時間のファスティングをする場合、
48時間だけ頑張ればいいというわけじゃないのです。

予備食は、ファスティングの前日に行います。

この期間にドカ食いするのは禁物です。
ヘビーな食べ物は避けて、胃腸に優しい和食などを食べます。
脂っこいものや高カロリーなものはご法度で、お酒もいけません。
夜の8時には終えておきます。

復食は、断食で何も食べてなかったのに、
いきなり大量の食べ物をお腹に入れると、
胃腸の負担がえらいことになるので、
こちらも優しい食事にします。

断食後なので、さすがにお腹が減っているので
モリモリ食べたくなってしまうのですが、
せっかくの断食を台無しにしてしまうと何が何やらなのでセーブしましょうね。

http://creatifsite.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です